© 2018 Copyright K2D. All Rights reserved.

1/2

News

2015年10月1日

株式会社ニューフォリアとの 電子認証システム「STAMP」の日本国内普及促進に係る協業開始のお知らせ

 K2D株式会社(代表取締役:沼田英也)の子会社である Stamp Technologies Japan 株式会社(以下、「STJ」という)は、今般、株式会社ニ ューフォリア(本社:東京都渋谷区東1-26-30 代表取締役:多田周平 以下、「ニューフォリア」 という)との間で、電子認証システム「STAMP」アプリケーションの日本国内普及を目的とした協業を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 

 ニューフォリアは、HTML5 を活用した WEB クリエイティブやシステム開発、コンサルなど WEB 技術の提供を得意とする企業で、コーポレートサイトやキャンペーンサイトの制作から、スマートフォンを 始めとするモバイル端末やデジタルサイネージ、デバイスを連携させたマルチデバイス向けサービスな どを提供しています。ネイティブ開発言語を必要とせずにアプリ制作を可能とする WEB ディベロッパー 向けのアプリ開発支援サービスや、開発会社とのアライアンス等を活用したより高度で多様性のあるソ リューションとサービス企画などのコンサルティングメニューを組み合わせた O2O 施策等により、企業 の WEB 戦略のサポートを可能とするサービスを強みとしております。

 

 STAMP は、今まで紙媒体をベースに運用されていたスタンプカードやポイントカードの機能を、スマ ートフォン、タブレット等の電子端末上で実現できるソリューションで、サービス提供店舗に設置された 専用機器からスマートフォンにタッチするという直観的で簡単な操作により、顧客のポイント取得・蓄積 を可能とするデジタル認証システムです。 同システムにおける最大の特徴は、ユニーク ID と OTP を組み合わせた独自の電子指紋生成技術によ る安全で確実な本人認証の実現であり、拡張性が非常に高く、将来にわたる普遍性と利便性を持ち合わせ たソリューションとして高く評価されており、事業者のエンドユーザー向けスタンプカードの代替サー ビスに留まらず、通過、電子マネー、クレジットカード、預金、仮想通貨等のモバイル決済を視野に入れ たサービス展開を目指しております。

 

 STJ 及びニューフォリアは、日本国内における STAMP 普及に関する協業の可能性について、かねて より協議してまいりましたが、ニューフォリアのクライアント複数社へ同システムを打診したところ、好 意的評価を得られたことを受け、今般、ニューフォリアの顧客基盤を活用し、同社の展開するクライアン ト企業向けサービスに STJ の有する STAMP テクノロジーを組み込んで提供することで、STAMP アプ リケーションの日本国内における普及を促進させることを目的とし、STAMP アプリケーションソフトウ ェアの使用許諾に関する契約を締結し、協業を開始することといたしました。

 

 STJ では、企業、店舗等での紙媒体のスタンプカードの運用における様々な課題を解決し、エンドユー ザーの満足度を向上させるソリューションとして、今後も「STAMP」の日本国内普及に向けた新規顧客 開拓、決済システムとの連携等を視野に入れたサービス展開を進めてまいります。

 

◆「STAMP」の主な特徴◆

・アプリの立上げからデジタル捺印まで僅か 0.6 秒、混雑時もお客様を待たせることなく運用が可能 ・従来の紙媒体スタンプカードと同じ直観的な操作性で、スタッフも迷うことなく使用可能 ・財布の中の大量の財布内から探すこともなく、1つのアプリで複数店舗のポイントを管理が可能 ・独自の認証技術により、高いセキュリティレベルを実現。

・必要な端末は STAMP 端末のみで、煩雑な設定や設備工事等も不要なため、低予算での導入が可能 ・店舗毎の STAMP 利用状況や STAMP 利用ユーザーの属性情報の集計等、マーケティングツールと しての活用が可能